2015年11月27日金曜日

トスラブ箱根和奏林 通常コース(夕食)

トスラブ箱根和奏林 宿泊記のつづきです。

再訪:トスラブ箱根和奏林 和洋室

今回は、通常コースディナーメニューをご紹介。

スポンサード リンク


トスラブ箱根和奏林 通常コース(夕食)の紹介

レストランの席に付いたら、スタッフの方の説明を受けながら、お献立をチェックします。

お献立にザッと目を通しつつ、まずは前菜を。

前菜

  • 鶏味噌焼と鶏玉子松葉刺
  • 生ハムチーズ和へ
  • 穴子寿司
  • 蛤素焼
  • 昆布素麺

角にちょこんと添えられた真っ赤なモミジ。季節感の演出が嬉しい。

前菜を食べ進めていくいちに、これは辛抱たまらん!と、日本酒をお燗でオーダー。

続いて、お吸い物

吸物 すっぽん仕立

  • 鮟鱇
  • 焼目湯葉
  • 笹欠牛蒡
  • 紅葉人参
  • 芽葱
  • 口、露生姜

「すっぽん仕立」とは、すっぽんや、おこぜ・なまず・こちなど、クセの強い魚をお吸い物などにするとき、多量の酒・水で煮て漉し、その汁を調味してお吸い物などにする調理法だそうで。

別にすっぽんが入っていなくても、すっぽん仕立と言うらしいです。

なるほどなるほど…と、上品な鮟鱇の出汁を堪能したところで、次はお造りを。

造り

  • 鮪小角
  • 縞鯵折ぎ造り
  • 甘海老
  • サーモン重ね
  • 芽物色々

前回いただいた時も思ったのだけれど、ここのお造りは本当びっくりするほど美味しい。

とにかく新鮮で、まるですぐ近くに海があるかのよう。
きっと、小田原方面から毎朝仕入れているんだろうな〜。

感心したのもつかの間、蒸し物が。

蒸物 金目鯛蕪蒸し

  • 銀杏
  • 銀餡
  • 紅葉人参
  • 湿地
  • 百合根
  • 山葵

金目鯛の上品な出汁が、カブのすり身に溶け込んで、わさびもピリッとアクセントを効かせていて。実にバランスのとれたお椀。

続いて、焼き物

焼物 朴葉焼

  • 合鴨ロース
  • 帆立
  • アボカド
  • パプリカ

朴葉の香り漂う合鴨、鰆。ひたすらにお酒が進みます。冷酒を追加オーダー。

そして、いよいよ合肴

合肴

  • 豚肩ロース辛子味噌煮 又は 揚げ太刀魚辛子味噌煮
  • 椎茸
  • 紅葉麩
  • 焼葱

「豚肉か太刀魚か」の選択を迫られて、太刀魚にしたのだけれど、妻からひと口貰った豚肉の方が好みの味でした。残念。

酢の物と一緒にご飯お味噌汁香の物もいただきます。

酢の物 蟹、菠薐草、海月砧巻き

  • 若布
  • 胡瓜
  • 酢橘
  • 土佐酢生姜

この日、お米は新潟県産の新米コシヒカリとのこと。
お米だけで食べても十分に美味い幸せ。

胃も心もすっかり満たされたところで、締めのデザート

水菓子と甘味

  • 盛り合わせとガトーヨーグルトラズベリー

以上、しめて約766キロカロリー。ごちそうさまでした。


スポンサード リンク


いやはや、実に満ち足りた夕食でした。大満足です。

それにしても、一度トスラブに泊まってしまうと、他の宿泊施設に泊まるのが、何だかもったいなく感じられてしまうのが本当に困りもの。

重ねがさね、IT健保に感謝!といったところで、朝食の紹介へと続きます。

トスラブ箱根和奏林 通常コース(朝食)


トスラブ箱根和奏林
住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根110


▼こちらの記事もいかがですか?