2015年11月26日木曜日

再訪:トスラブ箱根和奏林 和洋室

やって来ました「トスラブ箱根和奏林」。ここに泊まるのは2回目になります。

前回泊まったのが2013年の夏休みだから、もう2年経ったことに。
時が経つのはホント早いな〜。。

前回の記事は↓こちらをどうぞ。
「トスラブ箱根 和奏林」驚愕のコスパ!まさにIT健保サマサマ。


スポンサード リンク


トスラブ箱根 和奏林 | [ITS]関東ITソフトウェア健康保険組合

箱根の風景と和の趣が調和したなごみの空間
客室はぬれ緑のある和室、ゆったりした洋室、和洋室の3タイプ。
名湯・箱根七湯を引き湯した檜造りと大理石の大浴場や露天風呂が心身を癒してくれます。

前回は夕食の様子しかお伝えすることが出来なかったので、今回はまず館内について簡単にご紹介。

「トスラブ箱根和奏林」館内設備の紹介

トスラブ箱根和奏林は「半円型の建物」「宿泊棟」の2つに分かれています。

左側の「半円型の建物」の1Fには

  • 大浴場
  • 家族風呂
  • プール
  • カラオケルーム
  • 麻雀室

…があり、2Fには

  • フロント
  • ラウンジ
  • レストラン
  • 宴会場
  • 会議室

…があります。

そして、宿泊スペースは右側の「宿泊棟」に集中しているといった具合。


↓こちらは、その半円形の建物にある中庭を見下ろした様子。

この日は生憎の空模様だったけど、新緑の季節は樹々の緑が気持ち良い。

2Fのラウンジも広々としていて、実に心地の良い空間。

この日は11月中旬だったので、窓から美しい紅葉を望むことができました。

ちなみに、このラウンジのエリアはWi-Fiスポット(Wi-Fiスクエア)なので、長時間のWeb接続も安心。

サービスのコーヒーを飲みながら、ここでのんびりとノートPCで作業…なんてことも可能。

それでは引き続き、お部屋をご紹介。


「トスラブ箱根和奏林」和洋室の紹介

トスラブ箱根和奏林には全部で14室のお部屋があり、それぞれに「萌黄(もえぎ)」「群青(ぐんじょう)」「唐紅(からくれない)」といった感じで、和風の風情ある名前が付けられています。

今回は、108号室の「鬱金(うこん)」という和洋室に宿泊。

中は実に広々としていて、和室のある部屋と、

2台のベッドが置かれた洋間の、2部屋に分かれています。

この広さだったら4人以上の多人数や、2世帯で泊まっても全く問題無し。

部屋付きの内風呂は、ちょっと浴槽の古さが目立つ残念な感じ。

とは言え、館内には別に「大浴場」があるから、あまり気にはしませんが。

館内着として「浴衣」のレンタルも。

これは唯一、トスラブ箱根和奏林だけの嬉しいサービス。



スポンサード リンク


夕食・朝食の紹介へと続きます。

トスラブ箱根和奏林 通常コース(夕食)

トスラブ箱根和奏林 通常コース(朝食)


トスラブ箱根和奏林
住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根110


▼こちらの記事もいかがですか?