2016年6月3日金曜日

【食レポ】東京アンダーグラウンドラーメン頑者(池袋)濃厚つけ汁の特製つけめんを喰らう!

前々から行きたいと思っていた、池袋の頑者(東京アンダーグラウンドラーメン頑者)に、遂に行ってきました!

期待通りの極上濃厚つけめんを堪能してきましたのでレポです。

スポンサードリンク

成増の頑者(頑者製麺所)のエントリーは↓こちらをどうぞ。

頑者製麺所(成増)オープン初日レポ。川越の雄、成増駅南口に爆誕!

東京アンダーグラウンドラーメン頑者(池袋)は、池袋駅ナカ!

まずは、お店への行き方についてご紹介。

池袋の頑者(東京アンダーグラウンドラーメン頑者)は、東武東上線改札近くの東武ホープセンター内にあります。

目立つオレンジ色の看板が目印。

池袋駅ナカということで、例えばJR⇔東武東上線の乗り換えついでに気軽に食べられるのがイイですね♪

訪問時は平日の12時台でしたが、カウンター席はほぼ満席でした。

ガラス張りで清潔感があります。

左側にはテーブル席も3卓あるので、女性でも入りやすい雰囲気です。

池袋 頑者のメニュー紹介!

池袋駅ナカということもあってか、券売機はPASMO(Suica)にも対応してます。こういうの、地味〜に嬉しいですね。

メニューは大きく分けてつけめん・ラーメン・坦々あえめんの3種類。

  • つけめん 830円
  • ラーメン 780円
  • 坦々あえめん 830円

それぞれ「特製(+200円)」にすると、炙りチャーシュー・味玉のトッピングが追加されるようです。

また、つけめんには つけめんライト・辛つけめん・辛つけめんライト といった派生形もあり。

  • つけめんライト 830円
  • 辛つけめん 830円
  • 辛つけめんライト 830円

色々あって迷うところですが……今回は左上に鎮座する「特製つけめん(1,030円)」をポチッと。

スタッフさんに食券を渡すと、麺の量を尋ねられます。

S(200g)とM(300g)が同料金 とくれば、これはもう量が多い方を注文するしか!ということで、M(300g)をオーダー!

卓上にはシンプルなカスターセットが。左から、割り箸・紙ナプキン・お酢・黒胡椒・一味唐辛子。

待つこと約7分で着丼です。

池袋 頑者の特製つけめん(1,030円)いただきます!

来ました!まずは麺を観察します。

かなり平打ちの麺ですね。幅は8mmぐらいでしょうか。素晴らしい色ツヤ。

つけめんというよりは、パスタといった雰囲気。

ひと口すすれば、小麦の風味とツルシコの絶妙な歯応えが楽しめます。

つづいて、つけ汁を。魚粉の上に柚子皮がちょこんと乗せられて、いい香りが漂ってます。

目立つ具材は、なると・刻みネギ・味玉・焼き海苔といったところ。

つけ汁の中には、かなりの大きさのチャーシューが。

これは結構なボリューム感がありますね〜。男子大喜びといった感じ。

つけ汁は粘度が高く、かなりドロッとしているので、平打ちの麺によく絡みます。

味玉もコンニチワ。絶妙の半熟加減がうれしい!

それにしても肉々しさ満点です。

もちろん、締めはスープ割りで。しっかりと締まりました。

スポンサードリンク

東京アンダーグラウンドラーメン頑者(池袋)の感想!

味は成増の頑者製麺所を想像してたんですが、別のお店かと思うほどに全く違う路線のつけめんでした。

個人的には成増の頑者製麺所のほうが好みではありますが、池袋駅ナカということで乗り換えついでにパパッと食べたい!という時に再訪するんじゃないかなーと。

その時は「ラーメン(780円)」か、あるいは「坦々あえめん(830円)」にチャレンジしたいと思います。どうもごちそうさまでした!

東京アンダーグラウンドラーメン頑者[公式サイト]

住所:東京都豊島区西池袋1-1-30 東武ホープセンター内
営業時間:10:00~22:00(ラストオーダー21:30)
定休日:なし

頑者のお取り寄せつけ麺・ラーメンは↓こちら!

「頑者に行きたいけど行けない……」という方へ。

楽天市場でも頑者のつけ麺・ラーメンを買うことができますよ。

濃厚豚骨魚介つけめん
価格:1600円(税込、送料別)


楽天市場の頑者公式ページを見てみる

関連エントリーはこちらからどうぞ!

▼こちらの記事もいかがですか?