2018年5月11日金曜日

【食レポ】ラーメン鉉(つる)赤塚の高コスパ店を発見! これはリピート必至!!

どーも、職場は成増の @muunen です。

今回は成増のお隣、赤塚の「ラーメン鉉(つる)」さんに行ってきたのでご紹介。

想像以上の高コスパ店でしたよ。

ラーメン鉉は、東京メトロ 地下鉄赤塚駅から徒歩1分!

ラーメン鉉は、地下鉄赤塚駅2番出口から徒歩1分のところにあります。

2番出口を出たらすぐ左手、川越街道沿いを西に少し歩くと、ジョナサン下赤塚店が見えるので、その隣です。

原色がまぶしい、黄色い看板とのれんが目印。

金へんに玄米の玄でつると読むようです。どういう意味なんでしょうか?

頭に“?”マークを浮かべながら、店内へと入ります。

ラーメン鉉のメニュー紹介!

券売機は、入り口すぐ左手に置かれています。

最近ではあまり見ない、クラシックな型ですね〜。

麺は6種類の様子。

  • ・極太ストレート麺(200g) 680円
  • ・ほうれん草 ストレート麺(200g) 680円
  • ・つけ麺 ストレート麺(200g or 300g) 880円
  • ・油めん ストレート麺 (200g) 680円
  • ・平打ち麺(280g) 780円
  • ・極細麺(?g) 680円

う〜ん、シュールな手書き文字と相まって、全く味の想像がつかない…。

正直、ここまでよく分からない券売機は初めて見ましたw

謎の6種に加えて、

  • ・大盛 100円
  • ・味付玉子 100円
  • ・チャーシュー 200円
  • ・ほうれん草 100円
  • ・焼きのり 100円

といったトッピングが、脇を固めるラインナップ。

最初は見落としていたんですが、店外の説明書きによれば、どうやら“二郎インスパイア系”のようですね。

二郎系は苦手なので、デフォのラーメンはあえてスルーします。

今回は、ほうれん草 ストレート麺(680円)味付玉子(100円)をポチッと。

プラスチック製の食券を店主に手渡しすると、「トッピングはどうしますか?」と聞かれたので、「全部普通で」とオーダー。

店の片隅に目をやると、缶ビールの自販機が。これは珍しい!

ちなみに、BGMは長渕剛が流れていました。

そんなこんなで、待つこと約7分で着丼です。

ラーメン鉉の「ほうれん草 ストレート麺(680円)」+「味付玉子(100円)」いただきます!

おぉっ、器を覆い尽くさんばかりのたっぷりのほうれん草!これは嬉しいですね〜。

スープは澄んでいて、意外にもさっぱり味。

豚骨を中心とした、動物系の旨味がしっかりと感じられます。

麺はいかにも二郎的な、やや硬めのガシガシとした食感。

こちらは、菅野製麺所の特注極太麺とのこと。

鉉の特注麺は
昭和24年から麺を作ってきた菅野製麺所にお願い。
最上級小麦使用
厳しい品質管理

デフォは油がやや強めに、味がやや弱めに感じられますが、それでも全体的なバランスがすごくいい!

軽い興奮状態で、スープまで完飲しました。

ラーメン鉉の感想!

いや〜、久しぶりに高コスパな良店を見つけました♪

680円で、このクォリティーは素晴らしい! 個人的には大ヒットですね。

次回は、

  • ・ニンニク少なめ
  • ・油少なめ
  • ・味濃いめ

で試してみたいと思います!

再訪! ラーメン鉉「ほうれん草 ストレート麺(680円)」で、いただきます!

で、またやって来ました! 前述の通り「ニンニク少なめ・油少なめ・味濃いめ」でオーダーです。

う〜ん、これぞまさしく狙い通りの味!これはもう、再リピート決定ですね。

末永く、よろしくお願いします!!

ラーメン鉉
住所:練馬区田柄2-48-8
営業時間:月~金/11:30~14:30,17:30~翌1:00 土・日・祝/11:30~22:00
電話:03-6904-0855

【赤塚】関連エントリーはこちら!

リピート必至!志堂(赤塚)鶏の旨味たっぷり油そばに舌鼓!!

練馬をこよなく愛するWebマーケッターのブログ。主にグルメ/旅行/展示会・イベントネタをご紹介。

▼こちらの記事もいかがですか?