2018年4月15日日曜日

【モニター】なべやき屋キンレイ「四海楼監修 皿うどん」を食べてみた!

どーも、お久しぶりの @muunen です。ずいぶんと更新をサボってしまいました。。

今回は、なべやき屋キンレイの「四海楼監修 皿うどん」をモニターさせてもらったのでご紹介。

期待していた以上の、なかなかのお味でしたよ。

なべやき屋キンレイ「四海楼監修 皿うどん」の作り方!

まずはパッケージを観察します。

こちらの商品は、長崎皿うどん発祥の店「四海楼(しかいろう)」監修とのこと。

四海楼の公式サイトによれば、創業は明治32年(1899年)。
なんと、110年超ですよ。すごい! いつか行ってみたいなぁ〜。

中華料理四海樓[公式サイト]

調理方法はフライパンでも、

電子レンジでもOK。今回は、お手軽な電子レンジで。

原材料名。具材はキャベツ、モヤシ、ネギ、イカ、カマボコ、キクラゲなどが入っているようです。

内容量は、268g(めん150g)なので、ボリュームはやや少なめ。

気になるカロリーは、378kcal。

小麦、卵、大豆、鶏肉、豚肉、いか、ごまが含まれているので、アレルギーの方はご注意を。

凍ったままのパッケージを具材下向きにして皿に乗せ、電子レンジで約5分加熱します。

その間に、タレをお湯につけて解凍します。
袋のまま、直接鍋などで加熱するのはNGとのことで、要注意!

約5分、レンジでチンした後。外袋がこんなにふくらんでいました。

皿の上に開け、お湯につけて解凍したタレをかけます。

タレが全体にからむように、よくかき混ぜたら出来上がり!
いざ、実食です。

なべやき屋キンレイ「四海楼監修 皿うどん」いただきます!

ズルズル〜ッと、思い切り麺をすすります。うん、ウマい!

ですが、予想通り量はちょっと少なめですね。この2倍は欲しい。。

具材は特にキャベツがうまい! 甘味が強く感じられます。

その他の目立つ具材はカマボコ、

タコなど。

ラー油をちょっとかけてみたところ、バッチリと合いました。

なべやき屋キンレイ「四海楼監修 皿うどん」の感想!

全体的な味や、麺の食感はさすがでした。

あとは、もうちょっと量が多ければ…といったところですね。

ごちそうさまでした!

▼こちらの記事もいかがですか?