2016年1月11日月曜日

【これはお手軽】100円ショップの土鍋で燻製! うずらの卵・はんぺん・チーズ編

どーも、muunenです。

1月だというのに、東京は気温が暖かい日が続いてます。あ〜、BBQしたい。

そんなBBQしたい欲を少しでも満たすべく、100均グッズの燻製術をさらに進化させてみました。


スポンサードリンク


前回の記事は↓こちらをどうぞ。

【これは簡単】100均グッズで燻製。ベーコン、ベビーチーズ、ちくわ、はんぺん、うずらの卵

新たにゲットした物

スモークチップ

今まではスモークウッドを使ってたんですが、新たにスモークチップを購入。

ソト(SOTO) スモークチップス 熱燻の素『老舗さくら』 ST-1311

500gで366円(by Amazon)なので、スモークウッドに比べて割安感があります。

自分の好みに合わせて、異なる香りのチップを混ぜて使えるのも(・∀・)イイ!!ですよね。

ソト(SOTO) スモークチップス 熱燻の素『黒樽ウイスキーオーク』 ST-1317

ソト(SOTO) スモークチップス 熱燻の素『熟成りんご』 ST-1312

土鍋(ダイソー)

ボウルから土鍋へと進化しました。ダイソーで150円。

ボウルに比べると、やはり格段の安定感があります。

もともと使ってた網がサイズピッタリでした。ていうか、だから買ったんですが。

燻製の材料と下準備

今回は、

  • うずらの卵
  • はんぺん
  • チーズ

を用意しました。

うずらの卵

うずらの卵は、めんつゆ・みりん適量で下味を付けます。

いい感じに色が付いたところでザルにあけ、空気乾燥させます。

はんぺんとチーズ

はんぺんはひとくち大に切り、間にチーズを入れられるよう切り込みをいれます。

チーズは冷蔵庫に余っていたおつまみベビーチーズと、フレークタイプの溶けるチーズを利用。

間にチーズを挟んだら、こちらも空気乾燥させます。

昼間のうちに下準備を済ませて、夜になったらいよいよ燻製の時間です!

ダイソー土鍋で燻製!

まずはスモークチップを炙って煙を出します。

今回使ったスモークチップの量は3つかみ程度。コンロは中火です。

十分に煙が出たところで火を弱火にして、具材を入れます。

まずは、うずらの卵から。

5分程度でいい感じに!お皿に移します。

すぐに食べても美味しいんですが、1日程度冷蔵庫で寝かせると味がこなれてさらに美味しくなります。

つづいて、はんぺんのチーズ挟みも。

こちらも5分程度で良い感じに燻製できました〜。

スポンサードリンク

ダイソー土鍋で十分!自宅のガスコンロで簡単お手軽燻製

ダイソーの土鍋でも全く問題無いですね。良い感じに燻製ができました。

手軽にサクッと燻製を楽しみたい時には、これで十分ではないでしょうか。

ソト(SOTO) スモークチップス 熱燻の素『老舗さくら』 ST-1311

ソト(SOTO) スモークチップス 熱燻の素『黒樽ウイスキーオーク』 ST-1317

ソト(SOTO) スモークチップス 熱燻の素『熟成りんご』 ST-1312

関連記事はこちらからどうぞ!

▼こちらの記事もいかがですか?